会社概要

2020年2月公開
日米合作長編映画「37セカンズ」にて、デリーターの商品が主人公の部屋のシーンにて出演。

(あらすじ)
生まれる時に37秒息ができず下半身不随になった貴田夢馬(佳山明)は、過保護な母親と同居する中、
漫画家のゴーストライターをする。次第に自分の本当に描きたい作品への思いが大きくなり、
雑誌社に応募をし始める。

2018年
実写ドラマ「聖☆おにいさん」にて、デリーターの商品が出演。

原作は講談社の「モーニング・ツー」にて2006年から連載している中村光作者の同名漫画。
累計発行部数1,600万部以上の大人気コミックの実写ドラマ。
製作総指揮:山田孝之
監督・脚本:福田雄一

主演:松山ケンイチ、染谷将太

(あらすじ)
無事に世紀末を乗り越えたイエス(松山ケンイチ)とブッダ(染谷将太)が有休をとって、
東京・立川でアパートをシェアし下界でバカンスを過ごしていた。
節約好きで温厚のブッダ、浪費家でノリのよいイエスの日常を描く。

2016年9月
日本大使館主催、モロッコのイベントNIPPON MATSURIにて
デリーターの画材でワークショップが行われました。
2016年9月
フランスのイベントMANGA DAXにてデリーターの画材でワークショップが行われました。
2016年8月
「川崎ものづくりフェアin等々力に参加しました。

「川崎ものづくりフェアin等々力」公式サイト

川崎フロンターレ、川崎市経済労働局の共催で、川崎市の「ものづくり」の魅力を発信するイベント
「川崎ものづくりフェアin等々力」を実施しました。

川崎市にある同人誌印刷所の「ねこのしっぽ」様と
川崎フロンターレのマスコット「ふろん太」、
川崎フロンターレ公認キャラ「カワサキまるこ」のイラストに
色を塗ったりトーンを貼る体験ができるブースを出しました。

開催前は、風で砂も舞う野外での漫画・イラストの体験会に皆さんが来てくれるか
不安でしたが、当日は、大変大盛況で人が途切れる事なく、行列までできました。
皆さん本当に楽しんでくださっていたので、ねこのしっぽ様と成功をお祝いしました。

当日は、フロンターレの試合の前に行われたイベントで、どのブースも大盛況でした。
川崎市の金属加工の会社のブースで金属のキーホルダー作りや加工、
ロボット操作体験、ダンボール迷路などがあり、
試合のハーフタイムには、株式会社タミヤ様が、迫力満点の実車版ミニ四駆 「エアロ アバンテ」を
ラジコン版のエアロ アバンテと競走させるなど、盛りだくさんな一日でした。

2016年4月~6月
TBSドラマ「重版出来!」(じゅうはんしゅったい)にて、デリーターの商品が出演。

TBSドラマ「重版出来!」公式サイト

原作は小学館の「月刊!スピリッツ」にて2012年から連載している松田奈緒子作者の同名漫画。
脚本は野木亜紀子(空飛ぶ広報室、図書館戦争、映画「俺物語!!)

※重版出来 とは、出版した本が売り切れ、増刷して再び売り出される事。

キャスト:黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎、荒川良々など

(あらすじ)
柔道に打ち込んできたが怪我で引退した、黒沢心(黒木華)は、柔道を始めるきっかけに
なった漫画への熱い想いを胸に漫画出版社に就職する。
個性的な編集部の面々の元、編集を学び、担当する漫画の「重版出来」を目指すが、
次から次へと予想外の困難が待ち受ける。

※デリーターの画材は、それぞれの漫画家の先生の作業場にて登場しますが、
それだけでなく、第4話で漫画同人誌即売会のシーンにて、
実はデリーターが画材販売ブースとして出店していました。
デリーターのメンバーとロゴが、背景にうっすらと映っているシーンがあり、
放送の翌日、社内で大変盛り上がりました。

2016年1月~3月
フジテレビ月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」にて、デリーターの商品が出演。
「いつ恋」と呼ばれ親しまれたドラマ。
脚本は「東京ラブストーリー」、「Woman」の脚本家、坂元裕二
主演:有村架純、高良健吾

(あらすじ)
両親を亡くした杉原音(有村架純)は北海道の叔父の元で、つらい生活を送る。
曽田練(高良健吾)は、父がだまし取られた畑を取り戻すため、東京の運送業で懸命に働く。
ある日、曽田練は友人(坂口健太郎)が見つけた、杉原音宛の手紙を届けにトラックで北海道へ向かう。
その手紙は、亡き母が病室で杉原音へ書いた最後の手紙だった。

2015年11月
川崎市西生田中学校にて出張授業を行いました。
2015年11月
川崎市新庄小学校にて出張授業を行いました。
2015年7月
川崎市富士見台小学校にて出張授業を行いました。
川崎市、福田紀彦市長、川崎市教育委員会の進める
学校施設を利用した学習支援や体験活動の「地域の寺子屋授業」に参加しました。

ただ絵を描いて終わりではなく、
オリジナルキャラクターを作ってもらい、
キャラクターの名前や住んでる場所、特徴なども一緒に考えてもらい、
みんなでキャラクター図鑑を作ろう!というテーマで行いました。

せっかくの機会なので、プロの漫画家の先生も使う
トーン、ミリペン、漫画原稿用紙など、思う存分使って頂きました。
夏休みの小学校の体育館に80名の小学生が参加。
神奈川新聞の方にも来ていただき、紙面にてご紹介していただきました。

2015年7月
デリータースクリーンが「川崎ものづくりブランド」に認定されました。
2011年2月
学研「クチコミ投稿マガジン」にて、デリーターの商品が紹介されました。